CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
明日の移動の下見、メールチェック
メキシコの日本大使館の女性がなにかにつけて「何事もメキシコのことですから」と皇室のような口ぶりで言っていたが、ハンガリー以来何事も〜〜のことですから、が再開していた。今日の列車到着は激しく「エジプトのことですから」という到着だった。写真はルクソール駅構内の様子です。
061220
07:30 起床。
07:45 朝食(パン、ジャム、クリームチーズ、卵焼き、チャイ、牛乳、オレンジジュース、コーヒー)
09:00 駅まで列車の様子を見に行く。9:15発アスワン行きの列車は結局10:15に到着。これを見届けて宿に戻る。途中食材調達。
11:30 ネットカフェでメールチェック、サイトアップ、航空券チェック。
14:30 一旦宿に戻りシュワルマサンドを買ってきて昼食。途中日本人旅人と再会し雑談。
15:00 コンテンツ作成、写真整理。
17:30 ご飯を買ってきて夕食準備開始。
18:30 夕食(カレー)
19:00 部屋に戻る。写真整理、コンテンツ作成、シャワー。
23:00 就寝。
本体サイトはこちら

BorderHopper
ブログランキングに参加しています。よろしければ、クリックをお願いします。

人気blogランキングへ

| ルクソール(エジプト) | 22:38 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
休憩
かなり疲れていたのと、掛け布団が剥がれていたのにそのまま寒い中寝ていたのとで朝起きると風邪気味になりそのまま寝込むことに。しかし夕食で大量の野菜スープを食べ一気に回復。やっぱ「High Life」というなんちゃって和食の炭水化物攻撃で栄養失調気味だったのかなと反省。旅先での自炊の重要性を再確認。さて写真は夕食の様子です。漬物と大根は同宿のエジプト人に恵んでもらいました。かれらは大根の葉っぱにレモン汁を掛けて食べていました。これがなかなか旨い。大根が大きくなっていないからかなー。
061219
07:30 起床。
07:53 朝食(パン、ジャム、クリームチーズ、卵焼き、チャイ)
08:30 晶子、洗濯、コンテンツ作成。健、体調不良で寝込む。
12:50 昼食を買いに外出。自炊用の野菜などを購入。
13:15 宿に戻り昼食(シュワルマサンド)
13:30 晶子コンテンツ作成。健、体調不良で寝込む。
17:30 ラーメンを買ってきて夕食準備開始。
18:43 夕食(野菜スープ)同宿のエジプト人ビジネスマンと雑談。
20:00 部屋に戻る。晶子コンテンツ作成。健、体調不良で睡眠をとる。
23:00 シャワーも浴びず就寝。
本体サイトはこちら

BorderHopper
ブログランキングに参加しています。よろしければ、クリックをお願いします。

人気blogランキングへ

| ルクソール(エジプト) | 22:37 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ルクソール西側観光
今日はルクソールの西側、王家の谷やハトシェプス寺院などを見て回りました。フェリーで対岸に到着後自転車を借りて(7.5パウンド、約150円要交渉)終日自転車で移動。途中案内してやるから20よこせとか、バクシーシお願いします攻撃にも負けず、自力で回ることが出来ました。やっとエジプトにも慣れてきたかなと思える1日でした。さて写真1はハトシェプス寺院を上から見下ろしたところ、写真2は王妃の墓から帰るときの様子です。
061218_1
061218_2
07:15 起床。
07:32 朝食(パン、ジャム、クリームチーズ、卵焼き、チャイ)
08:35 宿を出発。途中でパンを購入。
08:57 フェリー乗り場に到着しフェリーに乗る。(1パウンド/人)
09:12 対岸に到着。
09:25 自転車を借りていざ出発。
09:48 メムノンの巨像に到着。
10:05 チケット売り場で貴族の谷のチケットを購入。
10:39 ハトシェプス寺院に到着。早速王家の谷に向かって崖を越えて移動。
11:37 王家の谷のチケット売り場に到着。チケットを購入して見学開始。墓内は写真撮影禁止を知らずに撮っていると監視員が無理やりカメラを奪おうとするのでラムセス一世の墓からあわてて出る。その他ラムセス三世、九世の墓を見て見学終了。
12:30 昼食(パン、ジャム、水、みかん)
12:55 再び崖を上ってハトシェプス寺院に戻る。この時歩き方を忘れてしまい、戻るのも億劫なので歩き方喪失となった。
13:30 ハトシェプス寺院見学。
14:00 ハトシェプス寺院を出て貴族の墓に向かう。
14:20 貴族の墓の駐車場と思われるところに到着。早速案内するから20よこせのお兄ちゃんが現れる。そこに他のツアー客が来たので彼らについていくことに。彼らのガイドから場所を聞きだし目的の墓に到着。しかし鏡を反射させて見せるモギリの親父が現れ説明を聞くことに。大した説明ではなかったが一つだけ面白かったのは、頭の上にコップを乗せた絵がありこれは香油を入れてありそれが髪の毛から顔に伝わってくるが暑さで蒸発していい匂いになるというものっだった。そんな香油の使い方始めて聞いた。というわけで仕方なくバクシーシ1パウンドを渡す。
14:55 自転車で王妃の谷に向かう。
15:07 王妃の谷到着。早速見学。
15:45 帰途に付く、が途中自転車のチェーンが外れ直していると、自称メカニックのお兄ちゃんが手を貸してくれる。しかし結局自分でチェーンをはめ直して、彼らがはずしたネジをはめ直させて再出発。バクシーシと言ってきたが直してないのにバクシーシもないだろうということで無視。エンジニアなら技術料で金を取れ。
16:25 自転車屋に返却。
16:45 フェリーで東側に戻る。
17:30 途中ビールを買って、夕食(「High Life」で野菜炒め定食、親子丼、ビール)昨日も来ていた熟年バックパッカー石井新造さんと雑談。
20:00 宿に戻り、シャワー、写真整理、コンテンツ作成。
23:00 就寝。
本体サイトはこちら

BorderHopper
ブログランキングに参加しています。よろしければ、クリックをお願いします。

人気blogランキングへ

| ルクソール(エジプト) | 22:24 | comments(3) | trackbacks(0) | pookmark |
ルクソール東側観光
今日はルクソールの東側、カルナック神殿とルクソール神殿を見て回りました。ミニバスでカルナックにまず行き遺跡を観光。入場料一人50バウンド(約1000円)かなり見応えあり。昼食後ルクソール宮殿を観光。カルナックより少し見劣りするけどパリに持っていったというオベリスクを見て感心する。入場料一人40パウンド(約800円)写真1はカルナック神殿の大列柱室、写真2はラムセス2世像、写真3はルクソール神殿のラムセス2世像です。
061217_1
061217_2
061217_3
07:10 起床。
07:30 朝食(パン、ジャム、クリームチーズ、卵焼き、チャイ)
08:40 ルクソール神殿近くのツーリスト・インフォメーションに向かう。
09:05 インフォメーションで地図などを入手。カルナック神殿に駅前からミニバスで向かう。
09:32 カルナック神殿到着。早速観光。
12:33 遺跡前のレストランで昼食(スパゲッティ・ボロネーゼ、クラブサンドイッチ)
13:20 ミニバスでルクソール神殿に移動、早速観光。
14:45 観光終了、歩いて宿に戻る。
15:20 宿に戻り仮眠。
17:50 夕食に出かける。
18:30 夕食(「High Life」で焼き飯、野菜炒め定食、ビール)昨日も着ていた熟年バックパッカーと雑談。
19:40 宿に戻り、写真整理、洗濯、コンテンツ作成、シャワー。
23:00 就寝。
本体サイトはこちら

BorderHopper
ブログランキングに参加しています。よろしければ、クリックをお願いします。

人気blogランキングへ

| ルクソール(エジプト) | 22:23 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
ルクソールに移動
今日はハルカダからバスでルクソールに移動しました。噂に聞いていたとおりルクソールの客引きは凄まじいものがありました。しかし手口は良く知っているので相手がわめいたりするのも面白く、「ほー、やってるねー」って感じで眺めることが出来ました。日本人に対していつまでもこうしてくるということは日本人が客引き対策をちゃんと学習していない(イギリス人に対しては通用しないらしい)ことによると思われる。いい加減に情報を収集して話しかけてくるルクソールのエジプト人(イスタンブールのトルコ人も)の言うことに一々反応しないこと、無視すればいいことを学んで欲しい。しかし我々も宿代では根負けして高めに払ってしまったのでここまで粘れるかどうかがポイントだと今日もまた反省するはめに。写真はホテルから少し離れたところで降ろされたところです。皆悪そー!!
061216
07:00 起床。
07:30 朝食(パン、ジャム、牛乳、コーヒー)
09:00 バスターミナルまでタクシーで移動。9:11バスターミナル到着。
11:20 10:30発のバスがこの時間に到着し出発。途中2箇所で休憩。
16:35 ルクソールに到着、バスを降りるとタクシー運転手が寄ってくる。20と言ってきたが、5から責めて、二人で10ポンドに落ち着く。同じバスで来たドイツ人の兄ちゃんと一緒にタクシーで出発。しかし助手席に目標としている以外の宿の客引きが乗ってきており、一生懸命「sherif」とかいう宿の説明やら日本人に書かせた宣伝文句を見せたりしてきたが受け流す程度。途中で車内から仲間の客引きに電話しているらしかった。というのは「ヤバン」とか言っていたからである。タクシーが停まって降りてみると、そこは我々の目指しているフォンタナ・ホテルからすこしはなれたところだった。すかさずさっき連絡を受けたフォンタナ・ホテルから来たと言い張る男が待ち受けており(これだけで晶子はおかしいと直感)、こっちだこっちだと地図やホテルのサインと違う方向に誘導しようとするので無視して行こうとすると、「どうして信じられない」と逆切れ。無視して歩き出そうとするとそっちの道は封鎖されているだのギャンギャン叫んでいるのが後ろから聞こえたが、無視するのみで目標のホテルに到着。
17:10 宿到着。宿主に先ほどの話をすると「Sherif hotel」や「princess hotel」は観光客に嘘を言って自分たちのところに連れて行く5人くらいのグループでやっているということなどを話される。その次にチャイを飲まされ、ツアーを勧められるが、高い高い。295から210まで(入場料込み)まで値下げしてくるが到着したばかりで決定できないので丁重にお断り。しかし宿代はガイドブックには25と書いてある所を50と言ってくるので根負けして40まで値切って終了。もう少し粘ればよかったと悔やんだが、疲れてチェックイン。
18:30 宿を出て散策。
19:00「High Life」という和食を出す廃墟のようなホテルの屋上にある店に到着。小奇麗な韓国人旅行者も来たのに少しビックリ。
19:10 夕食(おじや、卵丼大盛り)そこは日本人が集まる安宿の屋上なので情報ノートが少しありフォンタナ・ホテルのツアーが高いことを書いていた。やばかった。
20:00 宿に向かって散策。他のレストランを見て回る。
20:30 宿に戻り、写真整理、コンテンツ作成、シャワー。
23:00 就寝。
本体サイトはこちら

BorderHopper
ブログランキングに参加しています。よろしければ、クリックをお願いします。

人気blogランキングへ

| ルクソール(エジプト) | 22:21 | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark |
| 1/1PAGES |