CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
ラヌマファナ国立公園観光
ラヌマファナの村から国立公園に行くまでのシャトルバスのようなものはなくフィアナランツアに行くタクシーブルースに乗るしかないのが厳しいところですが、我々は一回ヒッチしたことに慣れてしまったので誰か乗せて行ってくれる車を探していました。するとたまたまこの村を通りかかった仕事モードの車からOKが出て公園入り口までタダで乗せていってもらうことに。上り道を車で15分も行くところなので歩きはとても無理です。ところが公園開園は8時からなので30分も早くついてしまい、ガイドもあまり来ていない状況だったので早くついても大したことなし。タダで良かったというだけ。実際8時30頃には先ほどのタクシーブルースがガイドを乗せてやってきていたので村に朝待機しているタクシーブルースで行くというのが普通かもしれません。さて写真その1は国立公園内の散策風景、写真2は途中にあるナムルナ川、写真3はキツネザルが木の上にいると言うので森の中に分け入っているところ、写真4はレッド・ベリード・レミュー、写真5はブラウン・レミューです。
070429_1
070429_2
070429_3
070429_4
070429_5
06:13 起床。
06:20 朝食(パン、チーズ、バナナ、みかん)
06:46 村の中心のバスが出そうなところ向かう。
07:00 村にはこれから人が集まればフィアナランツアに行くというタクシーブルースがあり、横には1万アリアリで行ってやるというドライバーがいたりという状況。誰かいないか何となく待っていると通りがかりの一台の車に目が留まったので話しかけてみるとタナに向かうので国立公園ぐらいなら乗っけて行ってもいいと言ってくれた。彼らはこの村で朝食を取ってから行くというのでしばらく待って彼らの車で移動。
07:34 国立公園前に到着。礼に1000アリアリ/一人渡そうとするが受け取らず去っていった。ありがとう。次に入場料を支払ってガイドを探さなければならないが、係りの人曰く開園は8時なのでまだガイドがここに集まってきていないということらしかった。しかし既に来ていた英語の話せるガイドを呼んでくれて彼と話をすると彼は既にスペイン人の客がついており麓まで6時間も歩くことになっているということだった。ガイド料を折半すれば安くなるのではという思いから客が国立公園に上がってくるのを待つことに。しかしチラホラと他のガイドも現れ始めていると例のスペイン人の客が現れ話を持ちかけてみるとあまり乗り気でなさそうなので他のガイドにエデナ・サーキットについて聞いてみる。すると一人のガイドは35000アリアリ以下のエリアには行かないという態度であったが値段交渉しようとしたら、そのガイドが我々にエイドリアンというガイドを紹介してきた。彼に話を聞くと納得できる内容だったので、彼に我々のガイド決定。
08:50 エデナ・サーキット散策スタート。しかし木の実が少ないのでなかなかキツネザルが出てこない季節らしい。従って森の植物を中心に見て歩く。
09:37 しかし木の上がザワザワしているので見上げているとキツネザルとついに遭遇。散策コースの道を外れて森の中に分け入って進む。と写真のような「レッド・ベリード・レミュー」を見る事ができた。ラッキー。これでマダガスカルに来て2回目のキツネザル。それも野生である。
09:52 レミューが去っていったので散策道に戻ると晶子のつま先にヒルが3匹くらいついていた。ガイドのエイドリアン君がむしる取ってくれる。
10:05 休憩所にくると木の実を食べている「ブラウン・レミュー」に遭遇。またも見てしまった。ラッキー続きだ。
10:20 展望台に到着。標高約900mだそうである。しばし休憩。
10:40 帰途に着く。
10:50 出発地点に戻る。受付でガイドに関するアンケートなどを書き、ガイド料を支払ってしばし休憩。
11:05 タクシーブルースが通りかかったので村まで乗せてもらう。1000アリアリ/人
11:20 村に到着。歩いて宿のレストランに向かう。
11:30 レストラン到着。しかし開店は12時からなので座って待つことに。
12:17 昼食(炒飯、コーラ)
12:40 部屋に戻って休憩、仮眠。
14:00 起床。温泉に向かう。
14:20 温泉到着。
14:30 早速1つ開いたので入浴開始。
14:50 入浴終了。外で体を冷やす。汗が滝のように流れ出す。午前中のトレッキングの疲れが吹っ飛ぶ。
15:30 宿に戻る。すると土砂降り。ラッキー。しかし健のサンダルの底が剥がれる。トホホ。
16:00 写真整理、コンテンツ作成。
18:33 夕食(中華レストラン「パンダ」で野菜炒め、ビール)
19:15 シャワー、コンテンツ作成。
23:00 就寝。
本体サイトはこちら

BorderHopper
ブログランキングに参加しています。よろしければ、クリックをお願いします。

人気blogランキングへ

| ラヌマファナ(マダガスカル) | 22:56 | - | - | pookmark |
ラヌマファナに移動
ラヌマファナ国立公園のある町に来ました。キツネザルが生息する熱帯雨林を散策するためです。フィアナランツアからの移動が少し厳しいということがガイドブックに書いてありましたが、実際走ってみるとガタガタ道は殆どなく2時間もかからずに到着。公園入り口から村までが渓谷になっており景色が素晴らしくテンションが上がってきます。今日は午後からここにあるかけ流しの温泉で疲れを癒し明日に臨みたいところです。写真は温泉上がりの熱々の体を冷やしているところです。ここの温泉は各部屋にバスタブがあり、壁から出てきているパイプからそのバスタブに源泉が流れて出てくるようになっていて栓をする以外止めようがないといった感じの実にシンプルな温泉です。しかし3分も肩まで浸かっているとのぼせてきて立ち眩みしそうになるくらい暖まってしま疲れも吹っ飛んでしまいました。源泉の温泉は凄い威力です。
070428
07:00 起床。
07:37 朝食(パン、バター、ジャム、コーヒー)
09:00 ホテルをチェックアウトしタクシーブルース乗り場に向かう。
10:00 タクシーブルース出発。6000アリアリ/人、約3ドル
11:52 ラヌマファナ到着。さっそく目当ての宿に行く。がチト高いので「歩き方」に載っている宿にのり換える。
12:35 ホテル「マンジャ」のバンガローにチェックイン。狭いがなかなか綺麗、清潔。共同シャワー・トイレも新しい。タオルも置いてあるのに驚く。これで18000アリアリー(約9ドル)
13:00 一休みしてから温泉に向かう。
13:50 昼食(村の途中で買ったサンドイッチ)
14:10 チケットを購入して温泉に入浴。一人500アリアリ(約0.25ドル)
14:30 入浴終了。汗だくで外のベンチで体を冷やす。
15:30 明日の朝食や水などを買いながら宿に戻る。
15:45 写真整理、コンテンツ作成。
18:33 夕食(中華レストラン「パンダ」で野菜炒め、ビール)
19:15 シャワー、コンテンツ作成。
22:00 晶子読書。
23:00 就寝。
本体サイトはこちら

BorderHopper
ブログランキングに参加しています。よろしければ、クリックをお願いします。

人気blogランキングへ

| ラヌマファナ(マダガスカル) | 22:54 | - | - | pookmark |
| 1/1PAGES |