CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
フィアナランツアで金を取り戻し、イフシまでたどり着く。
自分たちのミスとはいえフィアナランツアまで引返してお金を取り返すことでやっと気が晴れ旅を再スタートすることができました。しかしクツヤニス・ホテルのフランス人女性マネージャー、モーガン女史の「マダガスカルは貧乏でモラルもないのだから少しのお金(12ドル)なら騙しとられてもいいではないか、貧乏で可哀相でしょう」的論法にとても承服できなかった。貧乏だからではなく正直に仕事をしろと言ってるだけなのに、「可愛そうだから何でも恵んでやれ」みたいなことをいわれても我々からすればそうすることでますます現地人は堕落し、正直な商売をやろうとさえ思わなくなると思うのだがどうだろうか。とにかく払った分と交通費6000アリアリ(実際はその3倍かかり、電話代もある)まで取り返せたのでOKとするしかない。似非人道主義者がよく発展途上国に居るもんです。東南アジアにこんな日本人があまり居ないことを望みたい。さて写真はそのモーガン女史です。見た目はまともに見えるのですが、価値観が違うのには閉口しました。
070504
06:00 起床。
06:30 ホテルチェックアウト(支払いは前日に済ませている)
07:10 タクシーブルースでフィアナランツアに向かう。
08:30 フィアナランツア到着。早速ホテルクツヤニスに向かう。
08:40 ホテル・クツヤニスでレセプショニストにマネジャーを呼んでもらうがなかなか通じず、タクシーブルース会社のRIVOも共にコンタクトしてもらうがイマイチ埒が明かず。悶々としているとホテルのマネジャー、モーガン女史出社。すると事情を話し少し助けてもらうことに。RIVOも表れ3者会談。結局初めの予約金23000アリアリとアンバラバウまでの交通費6000アリアリで決着。少々不満だが戻ってきたのでOKとしよう。
10:43 フィアナランツアからアンバラバウまでのタクシーブルース出発。
11:08 途中エンジントラブルで台車に乗り換える。
11:44 台車スタート。
12:58 アンバラバウ到着。ラヌヒラ行きはなくイフシ行きしかないのでそれに乗り込む。(ここで12時頃につくはずが13時頃になる)
14:44 イフシ行きのタクシーブルースようやくスタート。ラヌヒラへ直接行くタクシーブルースはなく、とりあえずイフシまで行くことに
17:16 イフシ到着。暗くなってきたので早速ロンプラのホテルを1件見るが遠いので、タクシーブルース乗り場近くのレストラン兼ホテルにチェックイン
18:02 夕食(ラーメン。チキンカレー、ご飯。ビール) 
18:40 シャワー(といってもお湯をもらって手桶でかける)、ホテルの部屋で写真整理、コンテンツ作成。(電源がないのですぐに終了)
20:00 読書。
21:00 就寝。
本体サイトはこちら

BorderHopper
ブログランキングに参加しています。よろしければ、クリックをお願いします。

人気blogランキングへ

| イフシ(マダガスカル) | 22:04 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
| 1/1PAGES |