CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
ILALAフェリーに乗り込む
ILALAフェリーは期待したより小さい船でしたがキャビンは快適。電源もあるのでシッカリ作業もできる。船酔いするかと思いきやそんなに揺れないのでその点もOK。食事は高めなのでパンなどを持ち込んで適当に自炊。そうすればコストも弾力的にできます。なにせ2日間だけですから。
さて写真1はMayoka Villageのスタッフと撮った1枚、前のスタッフが「ヒトシ」、後ろのスタッフがマネジャーのルカ。写真2はデッキを再び戻ってフェリーに向かっているところです。
070625_1
070625_2
07:00 起床。
07:57 朝食(ファーム・ブレックファスト、オムレツ、紅茶)
08:30 荷物整理。
10:00 荷物をレセプションオフィスに運びチェックアウト。料金清算。
10:30 PCを出してコンテンツ作成。
12:30 坂の途中のレストランに到着。
13:51 昼食(チキン飯、14:08 魚飯)
15:00 宿に戻る。
16:30 ボートでフェリー乗り場まで行くはずがボート来ず。あだ名を「ヒトシ」というスタッフに頼んでいたが姿をくらます。マネージャーのルカをプッシュするが埒が明かず。
17:10 ヤキモキしていると偶々ボートが戻ってきたのでとりあえず乗り込む。
17:15 フェリー乗り場に向け出発。
17:25 フェリー乗り場に到着。チケット代を払おうとオフィスに向かう。
17:29 オフィス前で船のキャプテンに船内で払えるからと言われオフィスから引き返して乗船する。しかし船内は所狭しと荷物が並んでおりスーツケースを運ぶのに一苦労。
17:40 やっと船室に落ち着く。すぐに買出しに村に向かう。
18:15 村で水、パン、バナナ、などを購入して船に戻る。既に真っ暗で電灯もないアフリカなので露天の果物を買うときお金が見えず支払いに苦労する。
18:23 船の最上デッキで買ってきたビールを飲む。昼食が多かったのでこれで夕食終了。
19:00 外が寒いので部屋に戻り写真整理、コンテンツ作成。途中チケットチェック係員に乗船料金を支払う。一人13610MK(約13000円)
19:50 シャワー。熱々のシャワーがジャブジャブでる。
20:15 コンテンツ作成。(20:00が予定だが、20:44にフェリー出発。)
22:00 「のだめ」第1回を見る。これしかエンターテインメントがないので、、
23:00 就寝。
本体サイトはこちら

BorderHopper
ブログランキングに参加しています。よろしければ、クリックをお願いします。

人気blogランキングへ

| ウンカタベイ(マラウィー) | 22:05 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
終日休憩
ウンカタベイのマヨカ・ヴィレッジでの過ごし方といえば目の前の湖を泳ぐことくらいしかないので、今日は波が高いですがシュノーケリングしてみました。水中にはそれなりに魚がいてそれなり。まあまあ。しかしザンジバルを見た後では見劣りがするのは否めません。
さて写真は日曜日の村でムスリムの人たちがパレード的な行進をやっているところです。音楽は皆で囃す声だけですがやはりアフリカなのでイスラム教というよりはアフリカ音楽合唱パレードみたいになっているところが面白い。
070624
06:30 起床。
07:02 朝食(パン、バナナ、みかん、コーヒー、紅茶)
10:30 日曜日は電気が日中こないので作業できず。レストランで紅茶を飲む。
10:55 一山超えたところにビーチがあるというので行ってみる。
11:10 ビーチ到着。しばらく座って日光浴。波が荒く大して綺麗でもないので入る気がしないくらいのビーチ。
12:30 宿に戻り、村に出かける。
12:50 昼食(村のレストランでチキン飯、コーラ)
13:15 ILALAフェリーの事務所に行き明日の搭乗時間や支払いのタイミングなどを聞く。
13:30 村のスーパーなどで買い物をして宿に戻る。
14:00 目の前の湖を泳ぐためにゴーグルを借りて泳いでみる。少し波が荒く砂が巻き起こっていて視界がイマイチだがブルーの綺麗な魚などが見られた。
16:00 部屋に戻り休憩。
16:30 シャワー、洗濯。
18:00 やっと村に電気がもどり、早速夕食(ビール、パパイヤ、トマトと玉葱のサンドイッチ)
18:40 写真整理、コンテンツ作成。
22:00 就寝。
本体サイトはこちら

BorderHopper
ブログランキングに参加しています。よろしければ、クリックをお願いします。

人気blogランキングへ
| ウンカタベイ(マラウィー) | 22:04 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ムススにお金を下ろしに行くだけで1日つぶれる
今日はお金を下ろしに行くだけで終わってしまいました。やはり情報がないと準備不足になるのは否めません。情報収集が長期旅行にとってとても重要です。長期といっても時間を無駄にしたくないですから。といっても道中マラウィーの人たちに触れ合えてとてもいい経験をさせてもらいました。実はマラウィー「ウォームハート イン アフリカ」といわれているそうで、人がとてもいいというのを実感させてくれました。タンザニアよりもっと温かい感じです。素晴らしいですね、マラウィーの人たち!
さて写真は左から昨日出合ったサユリさんとボーイフレンド、サユリさんのお友達のリズさんです。リズさんは御両親がミッショナリー・ドクターとしてマラウィーで働いていたため彼女は16歳までマラウィー育ちのイギリス人です。マラウィー育ちには驚きました。
070623
07:00 起床。
07:45 朝食(パン、バナナ、みかん、コーヒー、紅茶)
09:20 町の中心部に移動。
09:39 ミニバスに乗り込む。
10:15 ミニバス出発。
11:28 ムススに到着。早速お金を下ろす。
12:08 昼食(ソンブレロ・レストランでチキンカレー、ビーフシチュー)、食後マーケットでアボガドを探すが見つからず。パンを焼いているイースト菌の匂いで焼きたてのパンを見つけて購入。
13:00 ウンカタベイ行きのミニバスに乗るとすぐ出発。
13:27 途中前輪のブレーキパーツが焼ききれる故障で停車。部品交換。
13:52 再度ウンカタベイに向け出発。
14:39 ウンカタベイ到着。パパイヤなどを買って帰る。
15:15 宿の部屋に戻り休憩。
15:30 写真整理、コンテンツ作成。
17:20 シャワー、洗濯。
18:38 夕食(ビール、パパイヤ、クッキー、トマトと玉葱のサンドイッチ)
19:00 写真整理、コンテンツ作成。
22:00 就寝。
本体サイトはこちら

BorderHopper
ブログランキングに参加しています。よろしければ、クリックをお願いします。

人気blogランキングへ

| ウンカタベイ(マラウィー) | 22:03 | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark |
ウンカタベイに移動
ムススからウンカタベイへの移動はミニバスですがとても快適でした。時間帯が良かったのかもしれません。ミニバスも4列ではなく3列。空間的に余裕のあるミニバスに当たりゆったり移動できました。
さて写真はウンカタベイの宿「Mayoka Village」からマラウィー湖を見たところです。
070622_1
070622_2
06:20 起床。
06:30 朝食(パン、オムレツ、紅茶)
07:50 健トイレに閉じ込められる。
08:20 トイレの鍵を壊して出してもらう。
08:30 町の中心に向かう。かなり歩いて町の中心部に到着。ATMで出金。途中電話サービスみたいなところからウンカタベイの宿「Mayoka Village」に電話しようとするが話中で通じず金額に関する情報得られず。
10:30 宿に戻りチェックアウト。コーラを飲んで一息。
10:55 宿を出発。
11:10 バスターミナルに到着。あるミニバスの客引きについていってミニバスに乗り込む。荷物込みでウンカタベイまで一人240MK
11:14 ミニバス出発。
12:21 ウンカタベイ到着。すると「Mayoka Village」の客引きが来ていてこのまま同じミニバスで宿まで行くことに。
12:34 「Mayoka Village」到着。早速チェックイン。マラウィー湖が目の前の部屋しか空いてないということで3人部屋へ案内される。一泊2800MK。約2800円。チト高い!
13:06 フェリーの情報などを入手しに村に向かう。途中宿のレストランの半額プライスのレストランがあるのを確認。
13:49 フェリー乗り場のチケットカウンターに到着。早速1等の席を聞くと単に席でベットとかないことを告げられ驚く。個室(キャビン)の値段を聞くと一人13610MK(約13600円)ということが分かりひき降ろしたお金では足りないことが判明。明日もう一度お金を下ろしにムススに行って来ることが決定。その後スーパーで水などを購入。村のレストランはチキンとライスで200MKということなどを確認。ホテルに帰る途中明日同じホテルを出るといっていた女性とバッタリ会い明日出る部屋はいくらか聞いてみると1200MKというので明日その部屋に移動できるのでは?ということで宿に戻ってマネジャーに聞くとOK。ということで明日1200MKで丘の上の部屋に移ることに決定。
14:50 宿の部屋に戻りお金を計算し直す。
15:20 お金の計算をしなおしていると宿のマネジャーがやってきて予約の関係で部屋を替わってほしいということになりマラウィー湖が目の前のダブルベットのコテッジで1200MKとなる。というわけで図らずも当日から適当な値段の部屋となる。
15:30 部屋を移動。お金の計算を継続。明日ムススに朝一で行ってお金を下ろす金額決定。
16:40 写真整理、コンテンツ作成。
17:20 健シャワー。
17:40 晶子洗濯。晶子シャワー
19:30 夕食(宿のBBQパーティ)
21:00 ロンドン留学中でマラウィーにインターンシップで来ている彼氏の元に遊びに来ている「さゆり」さんと雑談。
23:30 就寝。
本体サイトはこちら

BorderHopper
ブログランキングに参加しています。よろしければ、クリックをお願いします。

人気blogランキングへ

| ウンカタベイ(マラウィー) | 22:00 | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark |
| 1/1PAGES |