CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
モザンビークのテテからベイラに移動
モザンビークのテテに続きベイラに1泊することにしましたが、これ程来るのが空しい町もないのではないでしょうか?宿は高くて汚いわ町は見るとこないわ、よくもまあこんなところで生きているなーと言いたくなるくらいヒドイ印象です。モザンビークの中央と北はまだまだこれからと言わざるを得ません。自然はなかなか見ごたえある所もあるのに残念です。写真は移動中の風景です。巨大な岩が聳えたっていました。なかなかのもんです。
070630
03:15 起床。歯を磨く。
03:30 荷物をまとめてバス停に向かう。
03:40 バス停で到着。荷物をバスの上に預けようとすると持ち上げ代で100ドルくれとか言ってくるが、同乗のモザンビーク在住20年のパキスタン人が仲介してくれて10Mtc×2(約80円)で手を打つ。しかし本当は必要ないはず。とりあえず目的地に行かなければならないので妥協する。
03:50 バスに乗り込み出発を待つ。
04:45 バス出発。道中の景色は面白いところが一箇所。途中数回停車。その都度みかんやカシューナッツ、コーラ、バナナなどの物売り多数。我々もみかんとカシューナッツを購入。
15:05 ベイラのバスターミナルに到着。荷物降ろし代を100Mtc×2(約800円)要求してくるが無視して歩き出す。試しに言ってきているだけなので無視すればそれでよし。激しい請求なし。サッサと立ち去ると「チノー」という中米でよく聞いた罵声が飛ぶが聞こえない振り。(とうのもここはポルトガル語が公用語らしい。)
15:17 旅フーフが紹介していた「Messe de Policia」に投宿。バスルームが今までで一番汚い(トイレと一緒だが糞尿臭く、シャワーを浴びるのに息を止めながら浴びることに)一泊これで350Mtc(約1400円)もする。部屋は普通の安宿だがバスルームが汚すぎる。理由はトイレの配管が壊れていて取り替えるしかないところ、そこにコンクリートを巻き付けて塞いだつもりがコンクリートにじわじわ糞尿が染み込んでいるよう見えるところ。ションベンを染み込ましたコンクリートが放つ悪臭はキツイ。唯一のとりえはバス停が目の前ということだけ。1泊だから辛抱しよう。
15:40 目の前のバス停で明日ヴィランクーロに行くミニバスのチケット購入。
15:50 宿の受付に町の中心部を聞いて少し散策。ベイラのこのエリアは荒んだ感じ。とても居られないし居る気もしない。
16:30 夕食を宿の下のレストランにオーダー
17:07 夕食(魚、ご飯、サラダ、ビール)
17:30 部屋に戻りシャワー、写真整理、コンテンツ作成。
20:00 「のだめ」第6回を見る。これしかエンターテインメントがないので、、
21:00 就寝。明日も3時半起き、キツイ。
本体サイトはこちら

BorderHopper
ブログランキングに参加しています。よろしければ、クリックをお願いします。

人気blogランキングへ
| ベイラ(モザンビーク) | 22:15 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
| 1/1PAGES |