CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
公安でパスポートを受け取って成都に移動開始
ビザなしで入国していたので日数が足りないため1ヶ月のビザを1ッ週間かかって入手。ひとり160元でした。昼から成都に向け列車で移動。やることもなく退屈な移動でした。
さて写真1枚目は列車に乗り込もうというところです。
080512_1
2枚目は車窓風景です。山がちなところを何度となくトンネルで抜けながらの移動で、絶景も絶え間なく続くところでした。
080512_2
07:00 起床。
07:33 朝食(ホテルのヴュッフェ)
08:30 公安に向け出発。
08:50 公安到着。開くのを待つ。
09:10 係官到着。準備を待ってパスポートを入手。1ヶ月ビザ160元。
09:45 ホテルに戻り、シャワーを浴びる。
11:00 ホテルチェックアウト。駅構内に向かう。
11:12 手荷物検査を経て軟臥の席に到着。
11:43 列車に乗り込み開始。
11:50 列車内到着。軟臥は1コンパートメントに4人、2段のベット。硬臥はコンパートメントではなくインドと同じくオープンな作りで、セキュリティ面で問題ありと思われる。
12:20 昼食(アンパン、マフィン)
12:23 時刻どおり列車出発。列車は絶景の中を進む。トンネルが多い山の中を縫って走るよう。
17:32 夕食(チンジャオロースー、魚水煮、ご飯)魚水煮といっても四川料理なのでとても辛い。
20:30 同室のもう一組中国人カップルが途中下車。この後我々だけの専有となる。
21:30 歯を磨き、就寝。
本体サイトはこちら

BorderHopper
ブログランキングに参加しています。よろしければ、クリックをお願いします。

人気blogランキングへ

| 昆明(中国) | 22:49 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
休憩3日目
今日の天気は朝から薄晴れ。終日コンテンツ作成など作業。
写真はテレビでやっていたオリンピック関係の歌謡ショーの1場面です。歌手が出るたびに花火が上がり見ているだけで興奮しました。オリンピックに向けて盛り上がりまくる中国のようです。
080511_1
07:00 起床。
07:49 朝食(ホテルのヴュッフェ)
09:00 コンテンツ作成。
11:48 昼食(大衆お弁当)
12:15 パウンドケーキ買って帰り、ホテルの部屋でデザート+紅茶の休憩、コンテンツ作成。
17:36 夕食(揚州炒飯、お弁当)
18:30 シャワー、写真整理、コンテンツ作成。晶子洗濯。
23:00 就寝。
本体サイトはこちら

BorderHopper
ブログランキングに参加しています。よろしければ、クリックをお願いします。

人気blogランキングへ

| 昆明(中国) | 22:48 | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark |
休憩2日目
今日の天気は朝から曇りで少々寒い。午前中市内をプラプラ。土曜日なので人出も少なく、のんびりモード。
写真は昆明駅近くのインターネットカフェの様子です。未成年立ち入り禁止で皆何をやっているかというと、ネットゲーム、チャットが殆どのようです。
080510_1
07:30 起床。
07:50 朝食(ホテルのヴュッフェ)
09:30 公安局までバスで行ってみる。土曜なので休み。
10:10 その後女人街まで歩く。
11:30 ホテルに戻るが部屋の掃除がまだ終わっていないので昼食を食べに行く。
11:36 昼食(大衆お弁当)
12:00 ホテルの部屋に戻り、休憩、コンテンツ作成。
13:00 エッグタルトとパウンドケーキで午後の紅茶タイム。
16:30 ネットカフェに行く。
16:45 メールチェック。
17:45 ホテルの部屋に戻り休憩。
18:00 夕食を食べに出かける
18:10 夕食(揚州炒飯、お弁当)
19:00 シャワー、写真整理、コンテンツ作成。晶子洗濯。
23:00 就寝。
本体サイトはこちら

BorderHopper
ブログランキングに参加しています。よろしければ、クリックをお願いします。

人気blogランキングへ

| 昆明(中国) | 22:46 | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark |
休憩
天気の良い昨日一昨日と観光し今日は日常モードでゆっくりでした。
写真は昆明の駅から一番近いカルフールです。日常生活に必要なものはほぼ何でもそろっています。
080509_1
07:20 起床。
07:40 朝食(ホテルのヴュッフェ)
10:00 一番近いカルフールに向けて出発。
10:32 カルフール到着。必要なものを購入。
12:32 昼食(鶏腿肉、お弁当、ワイン)カルフールで鶏腿肉のグリル購入、近くのお弁当屋で一人分購入。
13:00 昼寝。
14:30 起床。ネットカフェに行く。
14:40 メールチェック。
15:30 ホテルの部屋に戻り、写真整理、コンテンツ作成。食べ過ぎのため夕食カット。
19:00 シャワー、引き続き、コンテンツ作成。晶子洗濯。
23:00 就寝。
本体サイトはこちら

BorderHopper
ブログランキングに参加しています。よろしければ、クリックをお願いします。

人気blogランキングへ

| 昆明(中国) | 22:44 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
石林を観光
石林とは、石灰岩の地盤が地表に露出した後風雨による侵食によって鋭い石山が形作られた世界自然遺産である。この説明と写真から依然我々がマダガスカルで行ったツインギーと同じようなところだというのが分かった。マダガスカルのときは大変苦労してまた結構お金を使って到達したところであるが、中国ではバスで簡単に行けることを知って少々愕然。がしかし、今日はその真価を問うべく観光することにした。
結論から言うと云南の石林はマダガスカルのツインギーとトルコのカッパドキアをたしたようなところで、荒々しさや自然そのものにはツインギーに劣るが、石林内の剣峰池の頂上まで上がればツインギーを思い起こさせる程の迫力はあった。しかしマダガスカルでは岩山の上からシファカという可愛い霊長類が迎えてくれるので、そんなことはとても期待できないのは観光地なのでどうしようもない。また展望台などはどうしようもなく中華デザインなのでとても興醒めなのだがこれはこれで面白いというべきだろう。それにしても観光地ゆえに中国の人たちの多いこと。人の波を掻き分けながら見所を廻るのも疲れるものである。
さて写真1枚目は到着時の歓迎風景。たぶんサニ族の衣装だと思われます。
080508_1
2枚目は石林胚(本当は肉月に生と書く)景の様子です。中国人民で溢れかえってます。
080508_2
3枚目は剣峰池の頂上から見た所です。
080508_3
4枚目は剣峰池の頂上から下を見下ろした所です。
080508_4
5枚目は希望停という展望台を見た所。ここも中国人民で溢れています。
080508_5
6枚目は母子諧遊という岩です。
080508_6
7枚目は駱駝(ラクダ)が乗った象の形をした岩、駱駝騎象という岩です。
080508_7
8枚目は望夫石という岩です。頂部が何となく女性の顔に見える所がそう呼ばれているのでしょうか?
080508_8
9枚目は唐僧石という岩です。そう言われるとそのように見えてくるから不思議。
080508_9
06:00 起床。
06:40 石林に向け出発。
06:50 バスターミナルで石林行きのバスチケット購入。一人25元。約375円。
07:00 朝食(もち米の焼きおにぎり風、クレープのようなもの)
07:33 石林に向けバス出発。
09:15 石林到着。入場料一人140元。約2100円。敷地内の地図も購入。これでガイドなしで廻ることに。
09:37 入場するとサニ族の人たちの歓迎の音楽と踊りで迎えられる。石林湖を右に見ながら移動。
09:50 獅子亭に到着。石林を見下ろす。
10:00 石屏風に到着。写真撮影。
10:08 石林胚(本当は肉月に生と書く)景に到着。大量の中国人民と共に鑑賞。
10:30 刀山火海に到着。写真撮影。
10:40 剣峰池の頂上に上がる。鋭い岩山を上がっていくのでバランスを崩すと真っ逆さまというところをズーッと上がっていくと針山を見下ろすことができる。殆ど誰も上がってこないのでゆっくり眺めを楽しむことができた。この頂上に上がって初めてマダガスカルのツインギーを思い出させてくれた。
11:47 象の岩などを経て希望亭という展望台に到着。ここも中国観光客に溢れていて落ち着いて眺めを楽しむというわけにいかないのが難点。それでも写真は撮る。
12:20 途中道を間違えて戻りながら幽玄深谷に到着。40m近く下がるのでひんやりとして気持ちがいい。しばしここで涼む。
12:35 李子園というエリアに出る。この辺りからトルコのカッパドキア風の細い岩が林立している。
13:00 母子諧遊という母と子供の形をした岩山、駱駝(ラクダ)が乗った象の形をした岩を経て、望夫石という岩まで到着。ここも殆ど誰もいないのでゆっくり鑑賞できた。
13:25 その後休憩後歩哨山を経て蓮花池に到着。
13:35 阿持鵜という岩に到着。
13:40 焼き芋を買って昼食代わり。
14:00 唐僧石を見て終了。
14:30 バス停でチケット購入。
14:50 バス出発。
16:30 昆明到着。
16:35 ホテルの部屋で休憩。
17:08 夕食(ご飯、おかず3品)
17:30 ホテルに戻りシャワー、写真整理、コンテンツ作成。晶子洗濯。
23:00 就寝。
本体サイトはこちら

BorderHopper
ブログランキングに参加しています。よろしければ、クリックをお願いします。

人気blogランキングへ

| 昆明(中国) | 22:36 | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark |
云南民族村を観光
サパにいる時に中国人観光客から聞いていた云南民族村を観光しました。これが大正解、一日たっぷり楽しませてもらいました。また民族毎にそれぞれ伝統の踊りがあり、特にHani族とWa族の踊りは斬新でした。
写真1枚目は民族村の正面玄関です。なかなか風光明媚なところにあるもんです。
080507_1
写真2枚目ははHani族のダンスショーの様子です。
080507_2
3枚目はWa族のダンスショーの様子。ワンレン・ボディコンの女性が髪の毛振り回して踊るのが色っぽいやら荒々しいやら、、
080507_3
4枚目は徳昴(De'ang)族の民族衣装の女性と撮ったものです。顔立ちがアイドル系?
080507_4
5枚目はHani族の民族衣装を着けた女性と撮ったものです。こちらもどことなくアイドル系?
080507_5
06:45 起床。
07:20 石林行きのバスを探して南窯バスターミナルに向かう。
07:35 バスターミナルの案内所の女性(英語ができる)に聞くと云南駅の左側にあるバスターミナルから出るということで、そちらに移動。
07:45 駅に向かって左側、今泊まっているホテルの隣?というか続きの建物の中がチケット売り場になっており、電光掲示板に石林行きのバスが7時から約30分おきに出ているのを発見。するとバッタ屋みたいな性質の悪そうなオヤジが中国語でギャーッギャー言ってくる。ツアーバスに高めで乗せたいようである。片道23元のところツアーで120元とかほざいていたので無視。さらに外のバスの位置も確認。
07:55 ホテルに戻り朝食(ホテルのヴュッフェ)宿代に朝食が含まれる。
09:00 云南民族村に向けて出発。フロントでバスの番号を聞いて市バスのバス停に向かう。
09:05 44番のバスに乗り込む。
09:54 民族村に到着。入場券一人70元を購入して入場。案内図を貰って各民族村を廻る。
10:22 蔵(Tibeten)族のチベット自治区のコーナーに到着。
10:30 チベット自治区のダンスショースタート。シンプルだが力強い踊りと素朴な歌に感心する。これ以降各ダンスショーのスケジュールにあわせて廻ることに。
11:10 象のショーを見学。
11:34 哈尼(Hani)族のダンスショーを見学。動きが面白く呆気にとられる。
11:54 昼食(汁少なめ麺)一つ5元
12:10 食後、彝(Yi)族、摩梭之家(Mosuo)、納西(Naxi)族の村を訪ね民族衣装の人と写真を撮らせてもらう。
13:02 景頗(jingpo)族のダンスショーを見学。ここは音楽が面白くなく、踊りもまあまあ。
14:00 13:30に怒(Nu)族のダンスショーを見るはずが開始時間がパンフレットと異なり13時からから始まっていたので見れず、次の?(Wa)族のダンスショーを見る。これがワイルドでとても面白い。民族的には南太平洋系の褐色な肌で荒々しい動きに興奮。
14:30 苗(Miao)族のダンスショー見学。この民族はキリスト教徒で教会の賛美歌も歌ってくれた。面白い。
15:40 さっき見られなかった怒(Nu)族のダンスショーを見る。イマイチ。
16:37 基諾(Jinuo)族のダンスショーを見る。まあまあ
16:50 白(Bai)族のダンスショーを見る。ダンスはイマイチだが、衣装が可愛い。ショー終了後、回(Hui)族と満(Man)族の村を通って出口に向かう。
17:30 帰りの24番のバスに乗る。
18:30 駅前に到着。
18:35 夕食(ご飯、おかず3品、ビール)
19:00 ホテルに戻りシャワー、写真整理、コンテンツ作成。晶子洗濯。
23:00 就寝。
本体サイトはこちら

BorderHopper
ブログランキングに参加しています。よろしければ、クリックをお願いします。

人気blogランキングへ

| 昆明(中国) | 22:30 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
昆明市内観光
ガイドブックに乗っていた「気鍋鶏」を食べに出かけながら色々市内を歩き回って昆明市内観光してみました。それにしても昆明の人たちもとてもフレンドリー。ホテルの受付の人も3人がかりで色々教えてくれるし(といっても筆談とジェスチャー)通りががりのおばちゃんも中国語でガンガン教えてくれるし、レストランの給仕係の女性もとても親切でかいがいしく、おつりを投げてよこすなんて事にはまだめぐり合っていません。というわけで昆明、とても好感触!!
さて写真1枚目は祥云街に入ろうとして迷い込んだ路上市場の様子です。
080506_1
2枚目は祥云街にある「気鍋鶏」を食べた「祥云芸館」というレストランの給仕係りの女性たちです。
080506_2
3枚目は夕食で入った大衆食堂です。チケットを買ってから隣の炊事場でおかずを選ぶという方式ですが、後ろに見えるチケットを売っている女性が看護婦のような帽子を付けているのが変な感じでした。
080506_3
07:40 起床。
08:05 朝食(ホテルのヴュッフェ)宿代に朝食が含まれる。
10:00 ホテルのレセプションに昆明料理の気鍋鶏が食べられるところを聞くと「祥云街」というところらしいのでそこに向かって外出。
11:35 祥云街という通りに徒歩で到着。
11:50 レストランに「気鍋鶏」をヒアリング。祥云街通りに一軒「気鍋鶏」がメニューに載っていたのでこのレストランに入る。
12:02 昼食(白菜の炒め、気鍋鶏、ご飯)気鍋鶏とは鶏の濃厚なスープ。全部で81元、約12ドル
12:46 近所を散策しているとカルフールを見つけたので早速入ってみる。中国のカルフールの食材コーナーにはカエルも生きたまま売っているのにビックリ。流石中国食材。またコーフィーフィルターやコルゲートトタル(歯磨き粉)も見つかり収穫あり。
13:55 バス停でバスを待つ。
14:35 駅に向かうつもりが2回乗り間違えて、バス停にいた中国のおじさんに助けられ、やっと駅の方向に向かうバスに乗り、ホテルに戻る。部屋で仮眠。
15:50 晶子洗濯。
18:00 夕食を食べに出かける。
18:25 夕食(ご飯、おかず3品)ホテル近くを散策しお客が一番入っているところで注文。駅前の干からびた出来合いのおかずより数段美味くて安い。一人4元、約60円。
19:00 ホテルに戻りシャワー、写真整理、コンテンツ作成。
23:00 就寝。
本体サイトはこちら

BorderHopper
ブログランキングに参加しています。よろしければ、クリックをお願いします。

人気blogランキングへ

| 昆明(中国) | 22:28 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
昆明に到着。ビザ取得、エアーチケット手配、宿の手配
スケジュールが厳しくなってしまうので、昆明で観光ビザが取れるかどうか(オリンピックの関係上)少し心配でしたが、時間はかかるものの取得可能ということでほっとしました。これで6月5日までいられるそうです。リージェンでは10分で発行してくれるらしですがそこまでいくのが大変なので今回はこれでOKとしましょう。次回中国に来るときは香港でビザをとるのがよさそうです。さて写真は昆明駅の様子です。
080505_1
00:05 昆明到着。現在位置を確認しようとガイドブックで周りの人に聞こうとするが全く英語が通じず埒が明かず。
00:15 とりあえずタクシーで駅前まで移動。駅前の招待所がフルなのこともあり目当ての駅前の新しいホテルを晶子が見に行く。
00:30 部屋は開いてそうなのでホテルに向かって移動。
00:34 ホテルにチェックイン。宿代はデポジットを現金払いする形式。1泊108元(約15ドル)チェックアウト時に残金を返してもらうことになる。
00:45 部屋に入り、シャワーを浴び、歯を磨く。部屋はビジネスホテル並みに美しく清潔。これで15ドルは安い。
01:30 就寝。

06:50 起床。
07:40 朝食(ホテルのブッフェ)宿代に朝食が含まれる。
08:30 昆湖飯店に向け出発。
08:56 昆湖飯店到着。バッパーが集まるといわれていたがただのビジネスホテル風。それに今泊まっているところより高い。フロントも英語は全くダメ。公安局の場所を聞くが英語が通じないので全く当てにならず。地図を見せてもらおうするが有料なので公安が地図に載っていることを確認して購入。3元。とりあえず「歩き方」と場所が近いので公安まで歩いていくことに。
09:29 公安到着。早速問い合わせる。1ヶ月ビザを取りたい旨伝えると1週間で取れるとの事。チト時間がかかりすぎだが、早く取れそうな所に移動するのもつかれるのでここで取ることに決定。来週の月曜日に再び来ることに。公安で一番英語が通じた。
10:35 途中早朝到着時に客引きが渡してくれたホテルを見に行くが、80元の割りに美しくないの止めておく。
11:00 一旦ホテルの部屋に戻り休憩。
11:30 ホテルのフロントにネットカフェの場所を聞き、そこに向かう。
11:36 ネットカフェ到着。またまた英語は通じず日本語フォントもなさそうだがとりあえず使ってみることに。アルファベットは打てる。日本語表示もする。がメールが開かずメールで航空券の手配をすることができず。旅行代理店のサイトで電話番号を控えて電話することに。
11:45 電話屋で上海まで電話。エアーチケット手配。
12:16 近くの惣菜屋で昼食(おかず2品、ご飯)しかし冷めていて驚くほど美味しくない。こんなもんか昆明の料理は??!!
12:30 そのまま駅に行き、盛都行きの寝台切符を購入。時間表を見て列車番号などを控えておき、紙に書いて窓口で見せると係りの人が端末に打ち込んで発券。料金軟臥下段一人338元(約48ドル)快速で乗車時間21時間らしい。
13:00 一旦部屋に戻り休憩。
13:30 電話屋に再び行き、盛都の宿の予約。
13:45 部屋で休憩。仮眠。
14:52 晶子がお腹減ったので町に出る。
15:18 水餃子を食べる。
15:35 蒸し饅頭を買い食い。これでお腹一杯。
15:45 宿に戻り、健写真整理、コンテンツ作成。晶子昼寝。
22:30 就寝。
本体サイトはこちら

BorderHopper
ブログランキングに参加しています。よろしければ、クリックをお願いします。
| 昆明(中国) | 22:26 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
昆明に向け移動開始
早朝から真夜中までの移動で疲れました。
国境の手荷物検査で中国のロンプラを取り上げられたのは痛かったです。バラして持ち込めばよかった。なんでも台湾が中国に入っていないのが持ち込み禁止の理由だそうです。それじゃ旅行できないというとこれから行く昆明と盛都はちぎって持たせてくれましたが、、しかし翌日公安に行くと台湾人にビザを発給していたのはどういうこと?矛盾してませんか?まあ私(夫の方)が検査官の癇に障るような感じを出していただけかも知れませんが、、、
さて写真は国境の橋を渡っている所です。
080504_1
05:00 起床。
05:30 ホテルを出る。
05:46 教会前まで来る。
05:50 ラオカイ行きのミニバス登場。
06:53 やっと出発。別のグループのお客を途中の村で乗せて本格的に出発。
08:01 ラオカイ到着。我々だけそのまま国境まで乗せてもらう。(35000ドン/人)
08:10 国境到着。早速ベトナム側のイミグレで出国手続き。ニーハオトイレを初めて見る。
08:30 国境の橋を渡る。橋渡り代(一人2元、10000ドンを渡す)ここで時差のため1時間進む。
09:40 イミグレ手続き。ビザなしで入国。手荷物検査で中国のロンプラを取り上げられる。とほほ。
10:05 中国側の河口でドンを元に両替。その後ATMで現金引き出し。
10:30 昆明行き10:50のバスチケットが売り切れで、13:00のチケットを購入。一人127元(約18ドル)
11:32 昼食(バス停近くのお弁当屋でテイクアウト、ご飯もおかずも大盛り、一人6元:90円)
12:45 バスに乗り込む。
13:01 バス出発。バスは山道を上がっていく。
  途中何度かトイレ休憩。ニーハオトイレばかり。当たり前か。

21:20 休憩所のようなところで停車。
21:40 夕食(青梗菜とチャーシューの炒め物、ご飯)その場で食材を選んで炒めてもらう。二人で17元。
24:05 昆明到着。
本体サイトはこちら

BorderHopper
ブログランキングに参加しています。よろしければ、クリックをお願いします。

人気blogランキングへ

| 昆明(中国) | 22:25 | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark |
| 1/1PAGES |